探偵の禁止事項とは

探偵業では、何でも調査を請け負っているわけではありません。
前述したように、探偵業者は探偵業法によって、その業務内容、適正な業務を行うための指針を明記されており、違反した場合には厳しい罰則が科せられるのです。

そして、探偵が依頼を受けても調査してはいけない依頼内容というものもあります。

それは以下の2つに分類されます。

・差別目的の調査
依頼人は探偵業者へ差別を目的とした調査を依頼してはいけないとあります。これは、探偵側も依頼者と調査契約を結ぶ前に確認をおこない、万が一差別目的であると判断した場合には調査の依頼を受けてはいけないとなっています。

・犯罪目的の調査
犯罪目的の調査とは、近年ストーカーなどの付き纏いをする者が、付き纏いのターゲットにされている被害者の住所や個人情報を探偵を介して調べ、その後犯罪行為に及ぶという事件も発生しています。
探偵はこのような事態が起こることを防ぐためにも、調査で得た情報を犯罪行為にしようしないことを依頼者へ確認をおこない、万が一犯罪に利用される可能性がある場合には調査をおこなってはいけませんし、情報を依頼人へ渡してはいけません。

探偵は何でも情報を集めてくれるといった印象もあるかもしれませんが、このように、犯罪行為、差別目的での調査は絶対に受けたりしません。
これから探偵学校で勉強する場合も、これらの依頼人の目的、犯罪、差別目的で使用されないことを確認するための方法などを学ぶ必要があるのです。




Copyright (C) 探偵学校の比較Information